H-NAKAO ARCHITECTS&ASSOCIATES

瀬谷の家

本計画は既存の母屋の前に親世帯の住宅を建築し、完成後母屋を解体し、子世帯の住宅を建築する改革の親世帯部分である。 住宅部分敷地は全体で約270坪あり、西側は運送会社に駐車場として貸借している。 そのため、道路面の東側・南側に開くような計画としている。 親世帯は玄関から続く土間を経由して、各部屋へのアプローチができるように計画した。 広い土間ではちょっとした来客者をもてなすぐらいのスペースを確保している。 また、土間には暖炉も設置し、冬期の彩りを与えている。 大空間の居間を中心に配置し、各部屋は土間を経由し回遊式につながっており、洗面・トイレなどの水廻りも使い勝手の良い配置計画とした。 また、将来用に外部に車いす用のスロープも設置し、そのスペースを子世帯との軽い間仕切りとしても計画している。

計画概要
建築面積143.69㎡(43.46坪)
延床面積151.01㎡(45.68坪)
建蔽率/容積率34.21%/35.95%
構造規模木造・2階建
最高高さ7.01m
敷地概要
所在地横浜市瀬谷区
敷地面積419.96㎡(127.03坪)
用途地域第1種低層住居専用地域
法定建蔽率/容積率40%/80%
防火地域法22条地域
 
設計期間2004.02 - 2005.12
工事期間2006.03 - 2006.12
用途個人住宅(親+子世帯2棟/親世帯)
先頭へ