H-NAKAO ARCHITECTS&ASSOCIATES

アールレジデンス東中野

敷地は山手通りと早稲田通りの交差点に位置している。 店舗と賃貸住宅とオーナー住宅三世帯を計画するプロジェクトである。 敷地は変形敷地で全体の構成を非常にしづらい形状であった。 山手通り側は商業地域であるため規模の大きい建物を建てることが可能である。変形敷地形状を読み取り、 山手通り側の北側を賃貸住宅棟、南側をオーナー棟とし、中心部分にエントランスホールを設けている。 賃貸住宅棟を山手通りと角地で接しているため、平面計画では全体的に円弧を採用している。 この円弧が建物の表面積を大きく見せることになり、より建物の存在感が増している。 また、外観は交通量が多い山手通りから住居の中が分かりにくいデザインとしている。 オーナー住宅は各階とも南側に開き、年齢や家族構成によって平面計画もそれぞれ違うものとなっている。

計画概要
建築面積440.61㎡(133.28坪)
延床面積2640.38㎡(798.71坪)
建蔽率/容積率79.66%/387.14%
構造規模SRC造・11階建
最高高さ35.29m
敷地概要
所在地東京都中野区
敷地面積553.10㎡(167.31坪)
用途地域商業/第1種中高層住居専用地域
法定建蔽率/容積率98.85%/388.57%
防火地域防火・準防火地域
 
設計期間2004.12 - 2007.08
工事期間2008.02 - 2009.05
用途店舗 + 共同住宅 + オーナー住宅
先頭へ