中野の家(中野区) 建築設計事例 シンプル・モダンな中尾英己建築設計事務所

東京都千代田区で個人住宅・集合住宅・保育園・幼稚園・修理工場等の設計を中心に設計活動を行っている設計事務所です。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・関東近県を中心に設計監理業務をしております。オープンオフィスで無料相談会実施中。

東京都千代田区神田神保町3-4-29 九段下SSTビル5F
tel.03-5216-3306 fax.03-5216-3307

works.jpg


WORKS   『中野の家』 

juutaku.jpgdwelling.jpgkids.jpgshop.jpgreform.jpg

banner.jpg

GOSEI-01.jpg
GOSEI-02.jpg
sheet-01.JPG
sheet-09.JPG
Ns-h-g02KAKO.jpg
Ns-h-i06.jpg
Ns-h-i10.jpg
Ns-h-i02kako.jpg
Ns-h-i01.jpg
Ns-h-i08.jpg
Ns-h-i09.jpg
Ns-h-i03.jpg
Ns-h-i05.jpg
Ns-h-i04.jpg
Ns-h-i07.jpg

□設計期間        2003.12 - 2004.07
□工事期間        2004.10 - 2005.03
□用   途        個人住宅
□敷地概要
 ・敷   地        東京都中野区
 ・敷地面積        38.00㎡(11.47坪)
 ・用途地域        第1種中高層住居専用地域
 ・法定建蔽率/容積率 60%/200%
 ・防火地域        準防火地域
□計画概要
 ・建築面積        22.79㎡(6.89坪)
 ・延床面積        68.37㎡(20.68坪)+11.28㎡(ロフト)
 ・建蔽率/容積率    59.83%/152.92%
 ・構造規模        木造・3F建
 ・最高高さ         9.98m

敷地は中野区の閑静な住宅地に位置する。敷地面積が38㎡と狭小敷地に該当し、近隣環境は建て込んでいる。北側道路から間口4.1mの敷地に駐車場を1台分設け、出来るだけ広い面積を確保したいとの要望であった。敷地形状から見ると南側に部屋を出来るだけ配置したいが、1階部分に駐車場を確保すると、建物内部で1階から2階への階段を北側に確保することが困難である。そこで、1階の建物のフレーム(柱)を建物の外壁から外側に出すことによって、間口を確保できるように設計を行っている。 建物内部の階段室の間仕切りはアクリル等の透明感ある素材を使用し、視線の長さを確保することによって部屋を広く感じるように考慮している。3階主寝室にはロフト(小屋裏収納)と断面的に連続している吹抜を設け、高さ方向の視線も確保している。また、3階上部にはロフト(小屋裏収納)を設け、天井高の規制(1.4mまで)を逆に利用し、座って使用する和室を配置し、出来るだけ全体の床面積を確保している。

banner.jpg